佐倉市のしらい動物病院
ホーム

ごあいさつ|佐倉市の動物病院しらい動物病院 診療理念スタッフ紹介病院案内
診察案内
診療実績
new検査科紹介
飼い主様の声
料金案内
new地域貢献活動
佐倉市のペットホテルフィラリア予防狂犬病予防
佐倉 八千代市の動物病院アクセス
教室案内
佐倉市の里親募集佐倉市の薬浴(ペットシャンプー)
訪問看護マイクロチップ野生動物診療
new千葉 動物病院の求人

管理人室管理人室
待合の本棚待合の本棚
しらい動物病院 ペット情報ブログ
各種クレジットカード取扱
どうぶつ保険対応
JAHA認定病院

志津しらい動物病院 > 診療実績 > 検査科 > 細胞診・病理組織検査



細胞診・病理組織検査



体表もしくは体内に腫物が確認された場合に、
その腫物が腫瘍かどうか、

そして腫瘍であった場合には
良性か悪性かどちらの可能性が高いか
などを採材した細胞または組織から判断する検査です。


細胞検査(針吸引検査・FNA生検)

FNAは腫瘤に針を刺し、吸引することによって腫瘤内の細胞を針の中に吸い込みます。


次いでスライドガラスに得られた細胞を塗抹します。


スライドガラスは専門の検査センターに送り、
その結果をもとに総合的に腫瘤に対する診断を行います。



組織ではなく一部の細胞を採取する細胞診であるため、診断精度は組織診断と比較して落ちますが、腫瘤が発見されてからまず行う検査としては非常に有用な検査です。




病理組織検査

病理組織検査は手術で摘出された
腫瘍やパンチ生検や楔形生検によって得られた組織を
専門の検査センターに送り、病理組織学的に診断する検査です。


目的は手術で摘出された腫瘍の場合には、病理組織学的診断と共にきれいに取りきれているかのマージンの確認です。


それにより、術後のケアの内容を決定していく大切な検査です。



また、パンチ生検や楔形生検では得られた組織に対して病理組織学的診断を下します。
この場合、腫瘍に限らず肝臓や脾臓などの臓器・皮膚病などに対しても行われる場合があります。



しらい動物病院
志津しらい動物病院トップ ごあいさつ 診察案内 アクセス 病院案内
スタッフ紹介 料金案内 診療理念 診療実績 飼い主様の声
ペットホテル フィラリア予防 狂犬病予防 ペット教室案内
里親募集 薬浴・動画案内 訪問看護 マイクロチップ 野生動物診療
地域貢献活動 求人案内 広告表示義務 サイトマップ



     Copyright (C) 2017 Shirai Animal Hospitale. All Rights Reserved.

千葉県 佐倉市 千葉市 四街道市の動物病院ならしらい動物病院。