佐倉市のしらい動物病院
ホーム

ごあいさつ|佐倉市の動物病院しらい動物病院 診療理念スタッフ紹介病院案内
診察案内
診療実績
new
検査科紹介

飼い主様の声料金案内
地域貢献活動
佐倉市のペットホテルフィラリア予防狂犬病予防
佐倉 八千代市の動物病院アクセス
教室案内
佐倉市の里親募集佐倉市の薬浴(ペットシャンプー)
訪問看護マイクロチップ野生動物診療
千葉 動物病院の求人

管理人室管理人室

待合の本棚待合の本棚
しらい動物病院 ペット情報ブログ
各種クレジットカード取扱

JAHA認定病院

猫
暇な人のためのバックナンバー

2009年の小話です。



この部屋から脱出する


暇な人はこちら。

小話バックナンバー

2009年分
2010年分
2011年分


2009年12月分
091218

最近「寒い」から「痛い」に変わってきました。
北海道の先生が「このくらいの気温は半袖でも平気」って言ってました。

たぶん雪国の人は血液の代わりにハイオクが流れてるんじゃないかな。


前回あんな締め方をしたので
今年はもう書かないと思った方もいたかと思いますが
甘い甘い。

思い立ったが吉日です。




さて、こんな季節ですので、テーマは「運命の相手」でいかがでしょうか。


皆様が人生を共にしたいようなパートナーの理想の条件ってなんでしょうか?



身長が〜、性格は〜、顔は〜、収入は〜、特技は〜、学歴は〜、家柄は〜




日本人が基準にする条件ですからこんなところではないでしょうか。



でもどうでしょう、その条件の前提として
「この広い世界で、あなたに出会えた中で〜」

と付け加えると。




何よりも大切な条件です。



管理人もせっかちですので、
何か欲しいものがあった日には
その日に見つかった中で一番気に入ったものを買ってしまいます。


さて


いらない自信を持っていえます。
当院に日本一の医療技術を持った獣医師は、いません。



しかし、この広い日本で



偶然
当院のそばに住んでいて


偶然
ペットを飼った



そんな飼い主様の家族の
理想のホームドクターになれるように毎日スタッフ一同頑張っています。


日本一、皆様の近くで

日本一、頼りにしていただけるホームドクターであるために


当院では治療できない病気にかかってしまった時には

大学病院やその他、二次診療施設にご紹介させていただきます。

元気になって帰って来てくださいね。



2009年12月分
091209

ヒートテックがいけないのではありません。
ただ私が過度な期待を寄せてしまっていただけです。

でも空がきれいな季節になりましたね。

今回はほんのりと「年の瀬」です。


ゆく年くる年と言いますが、
今までにゆかなかった年は無く、こなかった年も無いということですね。


管理人はせっかちなので、ここまで迫ってくると
もうさっさと年あけてほしいな。と思ってしまいます。


さて、しらい動物病院は院長先生が2階に住んでいますので、
毎年わりと年末ぎりぎりまで開いております。


そんな去年の末に、病院に降りようとしていたところ偶然見つけました。

駐車場
「2008 12 28撮影」

飼い主様の車が紅白に!

もうちょっと診察そっちのけで写真撮っちゃいましたよ。
嘘です。全然そっちのけじゃないです。

来年はいいことがありそうだと感じながらあけた年ですが

例年通りたくさんの飼い主様にご愛顧いただけたいい年でした。


今年はこんなミラクルがあるかどうかはわかりませんが、


本年はどうもありがとうございました。
来年もスタッフ一同、飼い主様に愛される動物病院になれますよう
頑張ってまいります。


余談ですが、今月号の「わんだふるにゃいふ」は
せん越ながら管理人が書かせていただきました。

では、良いお年を〜♪


2009年11月分
091126

三連休にユニクロに行ったらとても並んでいて
ヒートテックが買えませんでした。

どうも、冷え性の管理人です。

いや〜なんか最近まじめなことばっかり書いちゃってますね〜。

適当な小話のつもりが、いつの間にかちょっとした
情報発信をする場所になってしまうとは。

では今回のテーマは「正常値」です。


「んだよ、つまんないな〜。」
「私はお前のブラックジョークが聞きたいんだよ。」


そんな声が聞こえてきそうですね。

しかしですね、スッと受け入れてしまっているこの言葉の意味を
しっかりと理解しておくことは、今後きっと役に立ちます。

飼い主様にも理解していただきやすいように
ここでは「平熱」のことを例に出して考えてみましょう。


この図を見てください
平熱グラフ
とうとう小部屋に画像が(笑)

青い線で描かれているのが横が体温、縦が人数です。




辞書によれば、人間の平熱は36〜37℃とされています。




その「正常」の決め方は、単純に
健康な人で一番体温が高い人と低い人の数値ではありません。



多くの場合、図のように赤い線を引き、線と線の間に
8割の人数が入るようにして、統計学的に集団の平均を求めます。




正常の中にもこれだけ幅があるのです。

だから良く使いますよね、「私の」平熱は〜℃です、って。



機械が出す正常範囲というのはそういうものです。



体温と同じように、血液検査をはじめとするほぼすべての検査に
「その子の」正常値というのがあります


小学生のころ、とくに女性でありませんでしたか?
具合が悪くて保健室へいって、熱を測る・・・

児童「36.5℃」
先生「あら、平熱じゃない。授業に戻りなさい。」

そ、そんな〜・・・。みたいなこと。




具合が悪くなってから初めて会う子の診察をするときが
正直一番大変です。

そうなったら上のグラフのように、その子の数値を読むしかありませんからね。

ピンキリの中で一生懸命予想していくわけです。


一度でも健康な時に血液検査をしてくださることをお勧めします。


「何も異常なんて見つからないのに検査するなんて・・・」


なんて言わないでください。



異常は見つかりませんが、その子の正常が見つかります。

その結果が、その子が年をとって、もしも病気にかかったとしたら
その時に今の健康な、「その子の正常値」の価値が生きてきます。


さて、12月14日〜1月15日の無料健康チェックの際に、
今回はわんにゃんドッグもご用意しています。
年末年始ですし、普段よりは随分と受けやすい
お値段となっております。

「元気に決まってるからいいよ〜」
「まだ若いんだからそんなの必要無いでしょ〜」

まぁそう言わずに、一緒にペットの健康管理を始めてみませんか?



2009年11月分
091121

涼しいのは好きですが、最近は寒すぎです。
猫とこたつでゴロゴロしてみかんを食べたいです。
こんにちは、お馴染になっていただけましたでしょうか、管理人です。


何やら以前にここに書いた「ステロイド獣医師」の話題が
良い反響を呼んでいるようで、書いた本人としてはとても嬉しいです。

今の世の中、都合の悪いことや受け入れられにくいことを
隠してばかりでは話は進みません。

こんなホームページの端っこですが、当院はここでの発言にも
きちんと責任を持っています。


飼い主様は獣医師では無いので難しいことは知らなくてもよいのですが、
現在の獣医療の相場
(ざっくりとした言い方ですが料金や技術も含めて読んでください)
も含めてある程度の知識を集めることは
ペットとより良い生活を送っていくうえでとても大切なことだと私は思っています。



はっきりとはとても書けません。  しかし・・・
八百屋さんに行けばどこの八百屋でも野菜は売っていますし
魚屋さんに行けば魚が買えるのは当たり前です。

同じサンマを100円で買うなら、目の綺麗な太った口先の黄色いやつが良いに決まってます。

食材を選ぶときは誰でも値段と品質を吟味しているはずです。

動物病院だって例外にしなくていいです。

しっかりと家族のために、納得のいく獣医さんを選んでください。探してください。

今のご時世、車で通うことを考えれば
10分圏内に5〜6か所の動物病院はあるはずです。


街中に、素敵な・素晴らしい獣医さんは本当にたくさんいらっしゃいます。

あなたがあなたの街で、素敵な獣医さんに会えますように・・・。




っと、珍しくテーマも付けずに長々と話してしまいました。
後付けですがテーマは「家族の主治医」でいかがでしたでしょうか。

2009年11月分
091106

忙し鼻血も止まってきた管理人です。
ピンっと空気の張った季節になってきましたね。
このくらいの時期が一番好きです。

今回は飼い主様の声を更新させていただきました。
優しく応援してくれるような回答が多く、スタッフともども支えに頑張っています。

さて、・・・芸術の秋ですからね
今回のテーマは芸術を取り入れつつ「人類の友」にいたしましょう。


さて、犬は「人類の友」とも呼ばれています。
良い言い方ですね。
なんせひょんなことから一緒に暮らし始めて、
狩りのお手伝いをしてもらって
安定した食事をいただいて


相利共生みたいなものですね。
現在にいたってはすっかり家族の一員に溶け込んで
場合によってはその家族にとって重要な役割を占めている子もいます。

犬は従順です。しつけも猫に比べれば可能です。
足も速く嗅覚も鋭い。ヒトに無い物をたくさん持っています。


しかし、もうひとつだけ、最良の友になる条件があったと思います。






話は横道にそれますが、「ミロのビーナス」ってご存知ですか?
価値観は様々ですが、あのビーナスは世界最高の美術品の一つである
と言われています。



なぜでしょう?



上手だから?
まさか。ヒトに似ていればいいならもっと他にもたくさん像はあります。




答えは「両腕がないから」です。



完璧なんていうものはこの世に存在しません。
ましてや万人に認められる最高なんてもってのほかです。


しかし、この世には無いだけで「人間の想像の世界」にはあります。
どんな腕をしているんだろう?
どんな格好をしているのだろう?
何をしている像なんだろう?



それが「空白の美」というものです。




その想像が一介の像を最高の芸術へ高めるのです。



さて、犬の話です。
もう何が言いたいかはお分かりだと思います。



「ヒトの言葉が喋れないこと」

これが最高の友になれた条件だと私は思っています。



きっとこの子は今こう考えてる。
きっとこの子はこう言いたい。
こんな事を言ってくれないだろうか?
むしろ、誰かこんな事を私に言ってはくれないだろうか?


その想像がペットを最高の家族へと押し上げるのです。
また、その願いに惜しみなく応える姿に、
私は切り離せない人と動物との未来を感じています。

では、今回の小話が最高になるように・・・














2009年10月分
091029

ホームページを(私なりに)大幅に更新しました。

忙しくて鼻血出ちゃいそうです。

猫が布団の上でおしっこしました。

今回は、以上です。


2009年10月分
091015

こんにちは、もうすっかり秋ですね。月がきれいです。
インフルエンザワクチンは打ってもらえそうにない管理人です。

今回は忙しいことにかこつけて診療カレンダーの更新が遅くなってしまいました。
ちょくちょく見に来てくださっていた人、ごめんなさいね。

さて、今回のテーマは・・・「ステロイド獣医師」でどうでしょうか?

おっと、獣医からその言葉が出てきたよ・・・と思った方もいるかと思います。

知らない人のために用語の説明をいたしますね。
その昔、どんな病気の仔が来ても、とりあえずステロイド剤を出して
様子を見続けて、結局治せなかったり、副作用を出してしまったりしていた
言い方は様々ですが、あまり学の足りない獣医さんのことです。

「ひどい言い方だな、管理人さん」
と思った人もいるかもしれません。
そんなことないです。当時(今でもまれに)ステロイド獣医師!
インチキ獣医師!その場しのぎで患者をだます!とか、もっとひどいことを
雑誌とか本とかに書かれ、まるで獣医師全員が悪であるかのように
書かれてしまったこともあるくらいです。

ステロイド剤というのは、その作用がバラエティに富んでいる薬の一つですが
おもに用いる効果としては「体の過ぎた免疫反応を鎮めてあげる」事です。
よく処方されます。つまりは、それだけ重要な薬なのです。

体というのは、病原体や異物に時として過剰に反応してしまうものなのです。
きれいに治すためにも、まずは炎症を抑えることが第一となる病気もあります。

たとえて言うならば、荒れ果てた畑で作物を作ろうとするなら
まずはきれいに雑草を抜いて耕してあげるようなものです。

病気によっては、ずっと飲み続けないといけない仔もいます。


現在ではステロイド以上にスパッと免疫反応を治められる薬はないと思っています。
しかもそんなに高くない。
要は使い方です。

昔の獣医さんがダメだったわけではありません。
昔はわかっていなかったんです。
現在では副作用を起こさないで健康に薬を飲み続けられるような用量や補助薬が
きちんと出ています。

今でも「ステロイド剤」と聞くと、とたんに拒否反応を示す飼い主様がいます。
使わないでも構いません。
しかし代用薬は高価で、効き目もステロイド剤には劣ります。


ここにきちんと宣言をしましょう
当院ではステロイド剤を適切に使用することができます。
ステロイドと聞くだけで拒否しないで、まずは話だけでも聞いてみてください。

捨て置くにはもったいない薬です。

2009年8月分
090820

こんにちは、暑いですね。
セミの鳴き声と風鈴、蚊取り豚が好きな管理人です。

さて、更新のたびにこちらも更新させていただいているわけですが、
今回のテーマは「犬の気持ち」で行こうと思います。

犬は猫よりも人と暮らし始めてから歴史が長いため
性格的にもなつっこくてかわいらしいですよね。

最近の流行りなのか、「人がやって喜ぶことは、犬にやっても喜ぶんじゃね?」
みたいな風潮が、獣医師のセミナーの中にまで浸透してきています。

マッサージ・特製食べ物・ハーブセラピー
お洋服・毛染めなどなど

いいと思います。
いや、すべてをしてあげるべきであるということではなくて、
やっても悪いことではないと思うという意味です。

そもそもそのご家庭のお目に留まって一緒に過ごすことになったわけですから、
してあげたいと思うようにしてあげて
なってほしいようになってもらうことが人の喜びならば
その喜びが犬の幸せであり、本望だと思います。


と同時に、本来の生き物としての彼らの生態を認めてあげることも大事かもしれません。

やはり「dog」であり「human」ではないのですからね。

好きな彼女・彼氏ができた時に相手のことを知りたくて
相手と喜びを共有したくて、一緒に野球が好きになってみたり
おいしいカフェを探してあげてみたり、
いままで見むきのしなかったアーティストを好きになってみたり

人って不思議ですね。歩み寄って自分を相手側に少し曲げてあげることを
喜びに感じることもあるわけです。

歩み寄ってほしいと思う気持ちが恋ならば、
歩み寄りたいという気持ちが愛なのかもしれません。

どうでしょう、特製レシピやハーブ、お洋服の本を見る前に
今一度、「いぬ学」の本を読んでみて、
彼らの野生の姿を知ってあげることもいいのではないでしょうか。

ご要望がありましたら、そのうち犬と人の歴史ダイジェスト版
等も、ここに載せようかとも考えています。


2009年7月分

090729

こんにちは、HPというよりこのページの
クリック数をあげたい管理人です。

さて、今回のテーマは「実習生

毎年この時期になると動物看護師さんの卒業予定の方が
職場探しを兼ねて実習にいらしてくれます。

中にはかなり遠くから実習に来てくださる根性派な方も。

うれしいですね。

どういう気持ちでどう仕事をしていようが
動物病院は動物病院です。

しかし実習に来てくれているということは、その人に
しらい動物病院の医療の気持ちを伝えることができる。

伝わらないこともあるかもしれませんね、正確には
「気持ちを聞いてもらえる機会」ができるわけです。

獣医療界全体が皆さんの活躍に期待していると思います。

まぁこんなすみっこでいいこと言っててもしょうがないですね〜。


立ちっぱなしの実習は腰が痛くなると思いますが、頑張ってください。

ちなみに実習中に「このページを見た」というと
私が少し幸せになります。

そのほかは特に何も起きません。

管理人も大好きなしらい動物病院。
余すことなく感じていってください。


2009年6月分

090629

何人か扉をクリックしてくれているようですね。
管理人の小さな幸せです。

さて今回のテーマは「お散歩

実は管理人、たまにスタッフとして病院で働いています。
勘がいい飼い主様は私の正体がわかったかもしれませんね。

私が一番好きな病院業務の一つに、お散歩があります。

当院ではホテルで泊りにきたわんちゃんはもちろん
入院中のわんちゃんもできる限りお散歩に連れて行きます。

最初は知らないところに突然預けられて、警戒心満々の
わんちゃんたちと徐々に仲よくなれる機会です。

いつも飼い主さんとどんな散歩をしてるのだろうか?
この子はどんな性格なのだろうか?

楽しい癖をもったわんちゃんもいっぱいいました。
右にしか曲がらない子や、おしっこした後に狂ったように土をかきむしる子・・・。

仲よくなるとうれしくてついつい散歩コースも長めになってしまします。

でもそうなると夏休みはホテルが多いので大変です。
1頭に10分くらいお散歩するとして、10頭お預かりしていたら100分ですよ。

終わるころには汗だくです。


私自身何度か入院したことがあるのでよくわかるのですが、
わんちゃんにとってお散歩っていうのは犬としての基本的人権みたいな
ものなのではないでしょうか。

寝たきりの子もがんばって外に連れ出してあげると、
頭をあげて草のにおいをかいでいます。

生きてりゃいいってもんじゃないですよね。
犬としての幸せっていうものもきっとあると思います。

そんな愛のある看護婦さんのお散歩が受けられるペットホテル、いかがでしょうか?

宣伝のつもりではないんですけどね(笑)

2009年6月分

090612

いや〜ホームページをUPしてから直に1年ですよ。
頼まれたものをそつなくこなすのが仕事人ですが、
一言二言休憩室でつぶやくくらい許してほしい。

さて、記念すべき第1回目のテーマは今をときめく?「待合室ノート」

実は待合室のスライドショーの管理も私がやっています。
皆さんがとても楽しそうに愛犬や愛猫と写っている写真を見て
編集をしててもいつもうれしいです。

で、思ったんですよ。
「たぶん、皆さんもっと自慢したいだろうなぁ・・・」
主張するとうっとうしがられる世の中になってきましたが、
いいじゃないですか、好きなんだから。
くる人みんなペットが大好きなんだし。

で、用意したのがあのノート。
まだ気づいてない人は話についていけなくてごめんなさいね。
トレンドってそんなものです。

なんと携帯電話で撮影した写真を赤外線通信で
その場で印刷できるサービス付き。

くっこれで自慢しなかったら男がすたるね。
記念すべき1ページ目には私が書かせていただきました。

皆さんもぜひぜひ空いた時間にページを埋めていってください。
楽しみにしてます♪

しらい動物病院
志津しらい動物病院トップ ごあいさつ 診察案内 アクセス 病院案内
スタッフ紹介 料金案内 診療理念 診療実績 飼い主様の声
ペットホテル フィラリア予防 狂犬病予防 ペット教室案内
里親募集 薬浴・動画案内 訪問看護 マイクロチップ 野生動物診療
地域貢献活動 求人案内 広告表示義務 サイトマップ
Copyright (C) 2017 Shirai Animal Hospitale. All Rights Reserved.

千葉県 佐倉市 千葉市 八千代市 四街道市の動物病院ならしらい動物病院。