佐倉市のしらい動物病院
ホーム

ごあいさつ|佐倉市の動物病院しらい動物病院 診療理念スタッフ紹介病院案内
診察案内
診療実績
new
検査科紹介

飼い主様の声料金案内
地域貢献活動
佐倉市のペットホテルフィラリア予防狂犬病予防
佐倉 八千代市の動物病院アクセス
教室案内
佐倉市の里親募集佐倉市の薬浴(ペットシャンプー)
訪問看護マイクロチップ野生動物診療
千葉 動物病院の求人

管理人室管理人室

待合の本棚待合の本棚
しらい動物病院 ペット情報ブログ
各種クレジットカード取扱

JAHA認定病院

志津しらい動物病院 > 診療実績 > 皮膚科 > マラセチア性皮膚炎



マラセチア性皮膚炎

マラセチア性皮膚炎

治療前



マラセチア性皮膚炎

治療後




マラセチアとは、皮膚に常在している真菌(酵母)の一種です。


マラセチアは正常なペットの皮膚からも発見されることがあります。


マラセチア性皮膚炎は何らかの原因によりマラセチアが
過度に増殖した場合に引き起こされます。


マラセチアは脂質を好むため、シーズーやマルチーズ等の

脂質に富んだ皮膚質の犬によく見られる傾向があります。


中程度のかゆみやを伴うことが多く、

外見的特徴としては、ぺとっとした皮膚で

独特の脂漏臭がします。


診断は問診・視診・真菌培養検査・抜毛検査細胞診などを用いて行います。



治療はシャンプー療法と抗真菌剤、かゆみ止めや消炎剤の内服によって

行います。



マラセチアが増殖した原因によって、治療期間は異なります。


アレルギーのような自己免疫関連疾患が基礎にある場合には、

治療は年単位になることもあります。


蒸れや皮膚の状態などの一時的要因によって過増殖してしまった場合には

その状態を改善することによりマラセチア数は減少していきます。


最短でも2か月の投薬が必要となります。

中には数か月間の内服を必要とする場合もあります。



その他の疾患についてはお問い合わせください。






043-462-1122

「ホームページを見て電話をしている」
「症状や病気について聞きたい」

とお伝えいただけるとスムーズにご案内できます。


しらい動物病院
志津しらい動物病院トップ ごあいさつ 診察案内 アクセス 病院案内
スタッフ紹介 料金案内 診療理念 診療実績 飼い主様の声
ペットホテル フィラリア予防 狂犬病予防 ペット教室案内
里親募集 薬浴・動画案内 訪問看護 マイクロチップ 野生動物診療
地域貢献活動 求人案内 広告表示義務 サイトマップ



     Copyright (C) 2017 Shirai Animal Hospitale. All Rights Reserved.

千葉県 佐倉市 千葉市 四街道市の動物病院ならしらい動物病院。