佐倉市のしらい動物病院
ホーム

ごあいさつ|佐倉市の動物病院しらい動物病院 診療理念スタッフ紹介病院案内
診察案内
診療実績
new
検査科紹介

飼い主様の声料金案内
地域貢献活動
佐倉市のペットホテルフィラリア予防狂犬病予防
佐倉 八千代市の動物病院アクセス
教室案内
佐倉市の里親募集佐倉市の薬浴(ペットシャンプー)
訪問看護マイクロチップ野生動物診療
千葉 動物病院の求人

管理人室管理人室

待合の本棚待合の本棚
しらい動物病院 ペット情報ブログ
各種クレジットカード取扱

JAHA認定病院

志津しらい動物病院 > 診療実績 > 消化器科 > 異物誤嚥



異物誤嚥



異物誤嚥は、通常摂取する食物以外のものを口から接種してしまった状態を言います。


異物誤嚥では消化管の閉塞と障害、そして有害物質の吸収による有害反応に気をつけなくてはなりません。


異物誤嚥が確定的(目の前でそのものを食べたのを見た)場合には、それと同じものを来院時にご持参ください。


異物誤嚥が不確定である場合でも(たぶん飲み込んだ。遊んでいて、気付いたらなくなっていたなど)、飲み込んだ恐れのあるものをご持参ください。



診断は胸部・腹部レントゲンや腹部超音波検査、必要に応じてバリウム造影検査などを行って診断をします。



場合によって、催吐(吐かせる)や内視鏡下異物摘出、開腹手術による摘出、もしくは解毒薬の投与や経過観察などが行われます。


催吐を行う場合には、食道を気付付ける恐れの無い異物であり、かつ異物が胃内にある事が重要となります。


内視鏡下摘出においても、異物は内視鏡の届く十二指腸上行部程度の位置にある事が行う条件になります。


取り出せない位置にある異物や消化管を貫通している恐れのある場合には開腹手術が選択されます。


事前の検査において判断が難しい場合には、手術の準備をし、内視鏡検査を行う事もできます。




胃内に異物がある事を示す腹部超音波検査





内視鏡下で発見された胃内異物





上記の症例の内視鏡検査動画です。





内視鏡が届かない小腸領域における
異物閉塞




その他の疾患についてはお問い合わせください。






043-462-1122

「ホームページを見て電話をしている」
「症状や病気について聞きたい」

とお伝えいただけるとスムーズにご案内できます。


しらい動物病院
志津しらい動物病院トップ ごあいさつ 診察案内 アクセス 病院案内
スタッフ紹介 料金案内 診療理念 診療実績 飼い主様の声
ペットホテル フィラリア予防 狂犬病予防 ペット教室案内
里親募集 薬浴・動画案内 訪問看護 マイクロチップ 野生動物診療
地域貢献活動 求人案内 広告表示義務 サイトマップ



     Copyright (C) 2017 Shirai Animal Hospitale. All Rights Reserved.

千葉県 佐倉市 千葉市 四街道市の動物病院ならしらい動物病院。