佐倉市のしらい動物病院
ホーム

ごあいさつ|佐倉市の動物病院しらい動物病院 診療理念スタッフ紹介病院案内
診察案内
診療実績
new
検査科紹介

飼い主様の声料金案内
地域貢献活動
佐倉市のペットホテルフィラリア予防狂犬病予防
佐倉 八千代市の動物病院アクセス
教室案内
佐倉市の里親募集佐倉市の薬浴(ペットシャンプー)
訪問看護マイクロチップ野生動物診療
千葉 動物病院の求人

管理人室管理人室

待合の本棚待合の本棚
しらい動物病院 ペット情報ブログ
各種クレジットカード取扱

JAHA認定病院

志津しらい動物病院 > 診療実績 > 消化器科 > 膵外分泌不全



膵外分泌不全症






膵臓は、生理学的に内分泌と外分泌を行っています。

内分泌の代表として有名なのはインスリンです。


膵外分泌不全は、膵臓の約90%が機能しなくなると
発症すると言われています。


慢性の炎症や、免疫性、遺伝性、腫瘍性など様々な理由により
膵外分泌不全になる可能性があります。

犬で最もよく認められる原因は、原因不明の委縮です。


大型犬に比較的よくみられる疾患ですが、

小型から中型犬でも診ることがあります。


猫ではまれです。

症状は多食、下痢、削痩、食糞、元気消失などです。



膵外分泌不全症の診断

診断は臨床症状と共に

便検査や血液検査、腹部超音波検査を行い確定させます。


これらは、膵外分泌不全症の確定診断のために必要であると同時に、
それ以外の疾患が併発していないかを確認するうえでも重要な事です。


以下は膵外分泌不全症の確定に必要な項目です。


血液検査に関しては、通常院内で行われる生化学検査に加え、

TLI(トリプシン様免疫反応物質)、葉酸、コバラミン

の測定を行います。

膵外分泌不全症の結果
膵外分泌不全症の結果



膵外分泌不全症の治療


膵外分泌不全症は通常、完治しない病気です。


膵外分泌不全症のペットでは、様々な原因で下痢や体重減少を起こします。

そういった症状を緩和させるための治療は、一生続きます。


下痢の管理と体重管理は分けて考えましょう。

下痢が起きていたとしても、栄養が吸収されていれば
体重は増えていくことはあります。


逆に、下痢が治まっていても、体重が減っていく場合があります。

どちらもモニタリングしていきましょう。



治療は

食事療法

抗生剤投与

コバラミン注射

膵酵素剤補給



を軸にして、必要な場合はサプリメントを使用することがあります。



2015年12月現在まで、当院にかかられている
膵外分泌不全症の全てのペット(※)は
確定診断後、良好に体重が増え、下痢も止まっています。


(※その他に併発疾患の無かった症例)



下痢や体重減少が止まらない際は、
ご相談ください。










043-462-1122

「ホームページを見て電話をしている」
「症状や病気について聞きたい」

とお伝えいただけるとスムーズにご案内できます。


しらい動物病院
志津しらい動物病院トップ ごあいさつ 診察案内 アクセス 病院案内
スタッフ紹介 料金案内 診療理念 診療実績 飼い主様の声
ペットホテル フィラリア予防 狂犬病予防 ペット教室案内
里親募集 薬浴・動画案内 訪問看護 マイクロチップ 野生動物診療
地域貢献活動 求人案内 広告表示義務 サイトマップ



     Copyright (C) 2017 Shirai Animal Hospitale. All Rights Reserved.

千葉県 佐倉市 千葉市 四街道市の動物病院ならしらい動物病院。